読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川上カーマスートラ

海外での生活

老人と砂漠

バラナシを抜けると、プリーで知り合った友人を追いかけて、ジャイサルメールへと向かった。
andymoriの曲に、

ジャイサルメールには
ドロップキャンディの雨が降る
歴史は砂の中 僕らは風の中

というロマンチックな歌詞があるけれど、近隣に砂漠地帯が広がり、宿泊ツアーも行われる観光地。
立地的には、ほとんどインドとパキスタンの国境であり、若干危険地域ではあるという。

その事実を裏付けるように、電車の乗り換え時に僕は壮絶なシーンを目撃した。

暑さと便所臭のために、プラットフォームに待機していた僕の前を、5人組の男たちが通り過ぎていく。
突然その集団の中から、初老の痩せこけた男性が、飛び出てきた。何やらもぞもぞと呟いている。
するとその集団は束になって老人を取り押さえ、怒声を響かせる。
辺りを凍りつかせたまま、彼らは電車の中へと消えていった。

おい、なんだよ、物騒だな…。
ただの万引き犯でありますように…。
ただの万引き犯でありますように…。
ただの万引き犯でありますように…。
5人組のGメンでありますように…。
5人組のGメンでありますように…。
5人組のGメンでありますように…。


さて、そろそろ出発の時間だ。
自分のシート番号を確認し、キョロキョロと席を探す。
寝台列車のため、すべての席がベッドになっているけれど、寝心地はいいものとは言えない。
運にもよるけれど、この間のように便所の近くは嫌だぞ。
期待を込めながら、やっとのことで自分のシートを発見した。が…。



先ほどの老人が僕のシートの下で、手足を縛られているぅぅぅぅ…!!!!!



これはかなりヤバいんじゃないか。
周囲には例の集団が構えていて、威圧的な視線を送っている。
僕は緊張すると、急激に足に乳酸が溜まるという体質を持っているのだけれど、案の定上段に上がる際に足を攣っていまい、声を発しそうになる。
(あいたたたたたたたた…!)
舌を噛み殺し、激痛が去るのを待つ。
注目されてはいけない、絶対に注目されてはいけないのだ…。



そして、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…と、
ひたすら心の中で謝りながら横になるけれど、一睡もできずに朝を迎える。
彼の行く末を案じながら、下車するシーンを観察していると、頭から袋をかぶせられ、ジープに乗り込んで砂の町へと消えていった。

彼がどこへ連れていかれたかはわからない。
けれども、できるだけ早くこの町を出ていこうとこの時思った。



グッドモーニング 僕らはこの空の下
グッドモーニング 目を閉じ 耳をふさぎ
揺れる



袋を頭から被せられ、視界を失った老人と、僕らは同じこの空の下にいる。
けれどもみんながみんな同じ朝が来るとは限らない。
観光という砂塵に隠された現実を目の当たりにした、数少ない瞬間だった。

 

f:id:eurybee:20160813234600j:plain

 

f:id:eurybee:20160813233810j:plain
ジャイサルメール

広告を非表示にする